kinosings116

Britty woman

イギリス生活の楽しいこと全般! 主にライブレポートや英国内旅行、ロンドンでの遊びについて。

2016年12月

24 12

【ライブ】Young Kato @Camden Assembly 22.12.16

なんだこのふざけた名前は!って正直思ったよ、最初は。完全に掴まれました。名前だけじゃないんです、肝心の音楽がかっこよくてハマりました。ライブで盛り上がりそうな曲も多数。これは行くしかない!!

というわけで行って参りましたCamden Assembly! Chalk Farm駅が最寄り駅かな。私としてはCamden Town駅からのアクセスもおすすめだな!
こんなかんじのところ通るよ
image

image

image

image

撮影したのは深夜の帰り道だったので人通りが少ないですが、普段はとっても賑わっています!

こちらが今回のヴェニュー
image


グランドフロアはバー。
image

image

ライブスペースは上のフロアにあります。

ラインナップはこちら!
image

若い加藤は大トリ!

大トリまで時間がかなりあったので、バーで立ち飲みトークしてた。今回は日本人の女友達2人と一緒に行きました。1か月ぶりの再会。この友達が大好きでね。嬉しくてすっっごくテンション上がった。久々に日本語での女子トークを楽しんだ♪わろたわろた

加藤の前のHAUS
image

image

めっちゃよかった!また観たい。

Young Kato
image

image

image

踊りたい人、弾けたい人には超おすすめ!特にDrink, Dance, Play が盛り上がった!暴れまくりでした!久々にライブで汗だくになった!!

ライブ後、メンバーと話す機会があったので
「なんでこんな名前にしたの?」って聞いてみた。バンド名考えるときに名前色々調べてて、Katoって響きが良かったから、これにした。特に面白い話なくてごめんよー(笑)て言ってた(笑)取り敢えず、日本の名字にKatoがあることは教えてあげた。
ちなみに、彼らは今も地元チェルトナムに住んでおり、この日も皆一緒にヴァンで2時間半掛けて帰ったそう。
これからもいっぱい聴くし、ライブも行くよー!
いつかチェルトナムにも行ってみよう!

一方、私たちはバーをハシゴしました。6人居るバンドのメンバーのうちの「どの加藤が好き?」なんて言いながら飲んで、好みの男性の話をしたり。こういうの久々だし楽しかったな(笑)

今日はクリスマスイブ!田舎へ旅して来ま〜す^^
22 12

ウィンチェスターへ1泊2日の小旅行!地元のパブに泊ろう!編

ウィンチェスター大聖堂のすぐそばにあるパブ、The Wykeham Armsに宿泊しました!
image
パブの看板がある建物のグランドフロア(日本で言う1階)がいわゆるパブのスペースとなっていて、ファーストフロア(日本で言う2階)が宿泊施設となっているようです。パブの向かいの建物(写真左側)は離れで、こちらも宿泊施設となっています。

私は離れのシングルルームに宿泊しました♪
image
image
こじんまりとしていて、可愛らしいインテリアのお部屋。写真右の白い扉の向こうは専用のバスルームです。超コンパクトなお部屋ではありますが、装備などは充実していました!デスク、テレビ、ケトル、冷蔵庫、ドライヤー、クローゼット、アイロンなど。
冷蔵庫の中には、お水、炭酸水、ミルク、そしてビールLondon Prideが1本ずつ入っていました。すべて無料でいただけました♪ 
さらにさらに、お茶とお菓子もこんなにたくさん!
image

こちらのパブは、お料理がとっても美味しいと評判です。ディナーは絶対にここだ!と決めていたのですが、宿泊した日はパブでクリスマスイベントがあり、キッチンがお休みでした。。残念(号泣)

そんなわけで、町へ繰り出して、ローカルっぽさのある良さげなお店に入ってみることにしました。1件目のパブは満席、2件目のレストランも満席。宿から徒歩10分くらいかな?3件目のパブで無事夕飯にありつけました!

The Westgate(http://www.westgatewinchester.com/)
image
image
ムール貝のスープがめちゃくちゃ美味しかった!!そして店員さんは超親切だったよ^^

満足して宿へ帰ってシャワーを浴び、ビールを飲みながらテレビを観て、まったり過ごしました。

翌朝、宿泊先のパブ飯リベンジ! 

インテリアが素敵すぎる‥
image
image
image
食器も可愛いですね♪
image
温かい飲み物は、紅茶かコーヒーが選べます。ビュッフェ形式でフルーツ、ヨーグルト、シリアル、フレッシュジュース、ミルクをいただくことができます。温かい食事はイングリッシュ・ブレックファスト、エッグベネディクト、ポリッジから選ぶことができ、つくりたてを用意してくれます。
私はイングリッシュ・ブレックファストにしました!
image
トマト、ベーコン、ソーセージ、マッシュルーム、ビーンズ、卵料理!私は目玉焼きにしましたが、卵の調理法は好きなものをオーダーできます。

網焼きのトーストも登場
image
クリーム色のしずく型の物体はバター。マーマイトももらいました。 私はマーマイトが好きです。やみついています。トーストにバターとマーマイトを塗りたくって食べたよ♪

朝食美味しかったな~!雰囲気もとてもよかった!

またウィンチェスターへ来るときは、またこの宿にお世話になるだろうな^^ スタッフは皆さん本当に優しくて気さくだったし、お部屋は快適だったし、立地もよかった。次回はちゃんとディナーをブッキングしよう!

ウィンチェスターの旅、続きます。ではまたッ
image

21 12

ウィンチェスターへ1泊2日の小旅行!クリスマスマーケットでお買い物♪編

ロンドンから電車に乗って南西へ約1時間、かつてのイングランドの首都ウィンチェスターへ行って参りました!ウィンチェスター大聖堂で毎年開催されているクリスマスマーケットで、お買い物と美味しいフード&ドリンクを楽しんできました!

なぜかマイナーな通用口へたどり着いた。
image
このマイナーな超かっこいい通用口を通って

マーケットに到着!
image
image
image
image
壮大で厳かな大聖堂の足元で、個性豊かなお店が可愛らしく軒を連ね、人々がクリスマスに心を躍らせ賑わっている光景に、感動すら覚えた。
マーケットの中央にあるスケートリンクでは子供がペンギンを連れて爆走
image
めっちゃ楽しいなクリスマスマーケット!

ウィンチェスターは、ロンドンよりもかなり寒く感じました。

温まっちゃいましょう♪
image
モルドワイン最高やね♪ あ~おいしい~、あったまる~ぅ

美味しい食べ物も欲しくなりました。

すんごい行列ができていたお店へ、私も並んでみました!
image
フランスのコンテチーズを看板にしたお店。手前のドでかいお鍋では、じゃがいもとソーセージをコンテチーズと共に炒めています。カップ一杯£5で、プラス£1でエキストラチーズをトッピングできました!ずーちーずーちー♪
見よ‥
image
表面をとろとろに溶かして、これをたっぷり流し込んでくれましたよ~!
image
チーズの海。ズーチーのみーうー。そこにポセイドンの槍のごとく突き刺さったフォーク。
シンプルだけれど、とても美味しいお料理でした。濃厚で塩見の強い熱々のチーズと、ほんのり甘くスパイスの効いたモルドワインの組合せは最強。

もう一杯
image
今度は別のお店のドリンクにしました。
ホット・バタード・クランベリー・パンチ
image
クランベリージュース、パイナップルジュース、ウォッカにスパイスを加えたホットドリンク。仕上げにバターをトッピングしています。ファンタジーの物語に出てきそうな飲み物だよね。これもなかなか美味しかったな~♪ 

ドリンク片手にマーケットをぐる~っと回り、ついに大聖堂の正面へ‥

こんにちは~!
image
image
めちゃくちゃでかい!ヨーロッパに存在する数々の大聖堂のなかでも、最も長い全長を持つのが、このウィンチェスター大聖堂なんだとか。イギリスの作家ジェーン・オースティンが埋葬されていることでも有名ですね。
いや~ホントに大きかったな。。すごい。

この日は大聖堂内で、聖歌隊によるサービスがありました。こういうのって映画でしか見たことなかったけど、すっごくいいですね。美しかった。心が震えた。ウィンチェスター大聖堂へお越しの際は、是非とも聖歌隊の歌を聴いていただきたい。

正面の広場にもお店が並んでいました。
image
image
image


マーケットを一周したところで、いったんホテルにチェックイン。そして日が沈む頃、再びマーケットへ出掛けました。

ライトアップしたマーケット
image
image
image
image
image
image
心があったまるね。。

夜はたくさんお買い物をしました!

バスボム
image
お風呂が大好きな大家さん(50代男性)への、おふざけのプレゼント♪

ランプシェード
image
電球買わなきゃ‥。内側から光るととってもキレイです。折り畳めるので、保管も持ち歩きも楽♪

HEYLAND&WHITTLEのリードディフューザー
image
2個のまとめ買いで£5もお得になりました。ローズは自分用。オリエントは実家へのお土産。

お酒♪ 
image
試飲して即決。日本に持って帰って、家族や友達に振舞いたい。なんかタバスコみたいだね。

充実のお買い物。

翌日もマーケットへ行きました!
image
左がトーストのお店、右がドリンクを扱っているお店。
image
チキン、クランベリー、たっぷりのチーズをサンドしてこんがり焼き上げたトーストとモルドワイン♡ 大満足!
トーストのお店はThe Groumet Grilled Cheese Companyと言います。南イングランドを中心に、マーケットやイベントで出店しているそうです。音楽フェスにも参加しているよう。また会いそうですね^^

ウィンチェスターのクリスマスマーケット、とっても楽しかったです♪ イギリス各地で開催されているマーケットの中では、ウィンチェスターのマーケットは特別華やかでもなく、エンターテインメントに溢れているわけでもありませんが、ここにしかない魅力を感じることができました。来てよかったな^^ ロケーションのよさ、品揃えのよさ、聖歌隊の美しさ、そしてちょっと素朴なところが好きです。

こんなところで、クリスマスマーケットでお買い物♪編はおしまい~!ではまたっ!

17 12

Rogue One: A Star Wars StoryをIMAXで観てきたよ!ほぼ劇場の様子、ネタバレなし

わーーーい!!!ローグ・ワン、観てきたよーー!!!ネタバレどころか本編に関する感想すらもなし(話しすぎ防止)、ロンドンの劇場の様子がメインです!

私は今回BFI IMAXという劇場で鑑賞してきました!
image
円柱の建物が劇場です。徒歩5分圏内には、Waterloo駅やたくさんのバス停(24Hバスやナイトバスあり)があります。テムズ川も近いよ。建物の周りは道路になっていて、地上階にエントランスはありません。
地下通路を通ると
image
エントランスへ行けます。
image

まずは、エントランス右のパネルにご挨拶。
image
パネルのかっこよさとローグ・ワンを観られることの喜びで、しばらくここで直立不動となりました。
バスケットに入った、反乱軍のデザインが施されたもの‥
image
こちらは"Exclusive IMAX souvenir ticket"と呼ばれるものです!公開初日の12月15日から18日までの4日間、特定の劇場で、IMAXで鑑賞した人のみが手に入れられる記念品!
私もいただきました!
image

ロビーではキャラクターたちがキメてる
image
image
image
エストルーパーとの記念撮影もありました。
image

売店にはグッズも置かれていました。
image
ODEON(今回観た劇場もODEON系列)限定のポスターもありました。結構買ってる人が居たよ。
私は限定デザインのポップコーンカップとドリンクカップを購入!
image
image
素敵なお土産ができたよ~♪

山盛りのポップコーンを持って入場
image

スクリーンにはポスターアートの数々が‥
image
image
image
image
image
めっちゃかっこいいな!!!!!!!

実は今回、12月16日午前2時からの上映に行って来ました。午前2時にも関わらず、劇場にはたくさんの人が訪れていました。しかも、周囲を見渡すと、驚くほどたくさんの人がスターウォーズのTシャツやパーカーなどをお召しになっていました。熱すぎるだろ!
なお、公開日からの始めの4日間は24時間ほぼ連続で上映しているようです。最高っすね。

本編終了後は、拍手喝采が起こりました!

ぎゃ~~~~~誰かローグワンの話しようよ~~~~!!!これ以上書くと話しすぎるので、今日はこのへんで!!

May the force be with you!!

12 12

【ライブ】Kula Shaker - The 20th Anniversary of K @O2 Forum Kentish Town 09.12.16

今年イチの傑作ライブだったぜ!!サンキュー, クーラ!!!!!!愛してる!!!!!
『K』の再現ライブの再現をしちゃう勢いで、ロンドン公演の様子を写真大量掲載でお届けしまーーーす!!

会場はO2 Forum Kentish Town
image
最寄り駅はKentish Townで、そこから徒歩5分程度。

私はイギリスで使っているモバイルがO2なので、O2ユーザー専用の優先列へ並びました!
image
HP全回復しそうなアイテムの差し入れがあったよ♪

じゃーーーん
image
じゃじゃーーーーーーん
image

image
1階はスタンディング、2階はすべて座席。

Kula Shaker感が全開のセット
image
image
image
これ観ただけで呼吸が荒くなったよ。

今年3回目のクーラ。有難みしかない。しかも今回はK20周年記念ツアー。どんな心持ちで待ち構えていればいいのか。。SEのHistory EraserやS.F. Sorrowをひとり口ずさみながら、緊張を紛らわして待っていました。

ステージが燃え‥
image
ついに降臨‥
image
序盤から飛ばしまクリスピアン
image
image
イントロからの1曲目Sgt. Pepper!うひょー!2曲目にはLet Love Be。洒落てるぜー!

「ここからKをプレイするよ」
image
image
そう言って、レコードをプレイヤーにセット

タイムスリップするから全員でカウントダウンするぞー
image
腕を振り回して 3, 2, 1 !!!!!!

会場内に機械音が響き渡り、投影された歯車のような絵が動き出しました。機械音に紛れながら、Hey Dudeのイントロのあの上がっていく音が、徐々に徐々に、いつもより時間を掛けて上がっていき、ドラムがリズムを刻み始め、待ち遠しくも待たせすぎない最高のタイミングでクリスピアンがギターをかき鳴らした。
image
かっこよすぎて泣いた。
image
image
when I feel like a man
image

image
3曲目にしてすでにクライマックスなんじゃないかってくらいに超絶的な興奮と感動を抱きました。
image
image
image
image

Into The Deep
まで演奏して、いったんA面を停止。
image
芸が細かくてとてもいい!

そして、『K』時代に生み出されたアルバム未収録曲が‥

来たぜUnder The Hammer!!
image
image
image
なんなんだこの人たちは!かっこよすぎなんですが!!
ちなみにこの曲は、この会場付近で、バンドでつるんでたときに出来た曲なんだって!

次にしっとりとShower Your Loveを聴かせてくれました。なんだかんだバンドのお気に入りのうちの1曲なんだそう。観客は出だしから合唱でした。愛が降り注いだよ。生まれ変われそうなくらいに心が澄み渡った。

「B面へ行く前にもう1曲」
image
「次の曲は、神秘的な人物George Harrisonの手を借りて出来た曲」と話し始めるクリスピアン。ジョージのサウンドトラック・アルバムに収録されている曲のギターリフがかっこいいから、Kula Shakerの曲に使わせていただけないか、とジョージに直談判したんだって!するとジョージは「これはEric Claptonが考えたリフだから、Ericに聞いてくれ」と言い、クリスピアンにエリックの住所を渡したそうです。このジョージのセリフをモノマネしながら話していたので、観客は大爆笑でしたw

そして演奏へ‥

これがまたかっこいいんじゃGokula!!!!!!!!!!!!!
image
ギターリフがマジでめちゃくちゃかっこいい!

それでね、私は原曲がどんなものなのか気になったので探してみたんだ。
これだよね?Wonderwall MusicというアルバムのSki-ing。


そしていよいよB面

続きのSleeping Jivaから始まり、みんな大好きTattva。いつにも増して妙に美しかった。。

そしてブチ上げ曲Greateful When You're Dead !!!!!!
image
からのJerry Was There
image
語りのときに、スタッフがクリスピアンのイヤモニのワイヤーを整えに来て彼の首元を触ったとき、クリスピアンが「Oh my god, Jerry!!!!!」って言ってたw そうだ、この王子はジョークも上手いんだった。

303のイントロで飛び跳ねるクリスピアンとアロンザ
image
イントロのギターが信じられないくらいかっこよかったんだよなー!音はもちろんなんだけど‥なにあの弾き方!手さばきと体の揺れ方!ギターと一心同体な感じを見せつけられたよ!
image
フィニッシュで、この日3度目のギタートス!

続いてStart All Over, Hollow Man PT1&2を演奏。好きだよ好きだよ!!!

最後はHUSH !!!!!!!!!!!
image
image
殺られました。

アンコールで4曲プレイ。

締め括りはGovinda!!!!!!!!!!!
image

感動的な幕引き
image
なぜこのタイミングで横切るんだセキュリティ!!!!笑
image
image
image
ずっと昔Forumの前を通った時に「ここでライブしたい」と思っていたことが、こうやって実現したのは皆のおかげ。そう語っていたクリスピアン。

モッシュピットに居て周りを見渡したかんじ、40-50代のカップルが多かったです。この人たちはKula Shakerと同じ時代に生きて一緒に年を重ねてきたんだな~と思ったらなんか凄く素敵でさ。人間誰でも年を取るペースは同じだから、変な表現かも知れないけれど。先輩方、最高でしたよ。ライブ中めちゃくちゃノッていたし、モッシュも起こったよ。

長く愛されるバンドや作品て本当に凄いよな。。しかも、ファンが一方的にバンドを愛してるだけじゃなくて、バンドも素敵なアイディアや死ぬほどかっこいいパフォーマンスで、今もこんなにファンを喜ばせてくれるんだもんな。
『K』時代の曲作りの背景を、20年経った今、思い出話とともに聞かせてくれたこと。すっごく楽しかったし嬉しかった!
最高のライブだった!観られたことがほんっっとに幸せだと思う!

愛してる、Kula Shaker!!!!!!

image
ギャラリー
  • ノッティンガム&ヨーク 2泊3日 冬の旅 vol.1
  • ノッティンガム&ヨーク 2泊3日 冬の旅 vol.1
  • ノッティンガム&ヨーク 2泊3日 冬の旅 vol.1
  • ノッティンガム&ヨーク 2泊3日 冬の旅 vol.1
  • ノッティンガム&ヨーク 2泊3日 冬の旅 vol.1
  • ノッティンガム&ヨーク 2泊3日 冬の旅 vol.1
  • ノッティンガム&ヨーク 2泊3日 冬の旅 vol.1
  • ノッティンガム&ヨーク 2泊3日 冬の旅 vol.1
  • ノッティンガム&ヨーク 2泊3日 冬の旅 vol.1