kinosings116

Britty woman

イギリス生活の楽しいこと全般! 主にライブレポートや英国内旅行、ロンドンでの遊びについて。

2017年11月

27 11

【ライブ】The Kooks @Brighton Centre 25.11.2017

こんにちは!毎日寒いですが、皆さんお元気でしょうか?私は幸せです!!ほくほくした気持ちで、この記事を書き始めています!

The Kooksのライブ観に行ってきたよーーー!しかも彼らのホームであるブライトンまで行ってきました♪イエーーイ!!

会場は、海岸沿いにあるブライトン・センターという建物。ブライトンの駅を出て、海に向かって真っすぐ道を下っていきます。

夏の海浜リゾート地として有名なブライトン、クリスマスシーズンも素敵な雰囲気ですね~。
IMG_4982
IMG_4985

徒歩10分ほどで海岸沿いの大通り(King's Road)にぶつかります。そしたら右折。
IMG_4991
きれいだねー!とってもお天気が良い日だった。めちゃくちゃ寒かったけどね!

右折する角にバーがあって、そこは毎日17:00~22:00がハッピーアワーみたいです。つまり夕方以降はだいたいハッピーです。

右折したら70mほどで到着します。

ちなみに、同じ通りを左折してしばらく歩くと、小さい遊園地が入っているようなピアがあります。今週末は、クリスマスマーケットが開催されるようです。楽しそうだなぁ。今週末、私はクークスのロンドン公演を観に行きます。大好きだなぁ。

開場2時間前にもかかわらず。気温7℃(体感温度1℃)にもかかわらず。すでに20人ほど並んでいました。ちょっと様子を見に行くだけのつもりだったけど、私もそのまま並ぶことにしました。

開場時間の18:30よりも5分はやく開けてくれました。凍える行列にとっては、頭を下げたいほど有難かった。

チケット確認→手荷物検査→リストバンド交換→めでたくライブ会場入り!なんだけど、みんなクークス愛しすぎてすべての移動はダッシュだった。階段を五段飛ばしで登っていく男子がいて、めっちゃ面白かった。私は大人の威厳を保つため、やや速足くらいにしておいた。まあ、2時間前から並んでたけどな。

・・・・・・・・・・・・

まずはサポートアクトのDMA'Sが登場。ベイスターズファンが聞き返してしまいそうなバンド名だ。

オージーのバンドですね。メンバーは3人ってことになってるけど、ライブのときはボーカル、ギター×3、ベース、ドラムの6人編成。ボーカルの声、ライブで聴くほうがずっとずっと良かった!好きだな~。

もうちょっと「良い!」と思えるギターが聴きたかったな。次回に期待!ってことで、また今週末に会えるのを楽しみにしています。

・・・・・・・・・・・

クークス登場前のルークのイケメン投稿

LIKEすぎるわ。

姿を見せる前に、バンドやメンバーから色々な投稿があって楽しかった。待ち時間に流れているBGMもすごく好みで、飽きなかったな。The Strokesの「Under Cover of Darkness」が流れてノリノリで口ずさんでいると、それをぶった切るようにして会場が暗転して歓声が沸いた。ルークの投稿からきっかり15分後だった。

来る。。

待ちに待ったクークスが、来た!!

めまいがするくらいに大きな歓声があがりました。

約4か月ぶりに、クークスが目の前に現れた。4年ぶりではない。4か月だ。なのに、待ち遠しくて待ち遠しくて、仕方なかった。ついにこの瞬間が来たよーーーーー!!!!!!うわーーーーー!!!!!!

セットリストをいただくことができたので、まずはこちらをどうぞ!
IMG_5118
はぁ…たまらん。

最初から最後まで大大大合唱でした!!

1曲目のEddie's Gun、飛びましたねー!ベストツアーのオープニングにちょうど良い温度感の選曲だなって思った。なんかすごくしっくりきた。

2曲目にして、はやくも乱れる女子続出。Sofa Songいいよね!「won't you come on over」はヤバいって。

3曲目のBe Who You Areは、MVを観て大っ好きになった曲。フェスでも超盛り上がったね。最高。「たったったったったーらららー♪」は、現実的に考えてあと200回やりたい。

次のOOH LAも大好きだから「うーら♪」をあと300回やりたい。そこからBad Habit、そしてDown。この流れがとても好きだった。踊りまくりでしたね。

「ファーストアルバムの曲やるよー!」っていうルークの掛け声でShe Moves In Her Own Wayが始まって、大歓声があがった。手を広げてみんなでルンルン揺れて、明るい雰囲気を楽しみました。

ここからの3曲がまたたまらないんですよねー!West Side→Sweet Emotion→Do You Wanna。大好きだわ。ルークがとてもルークらしく動き回っていて最高だった。

Do You Wannaが終わると、いったんメンバーがステージから引いて、幕が下りました。

すると幕の前にピアノが運ばれてきました。これはもうSee Me Nowしかない。

ルークのソロでした。
IMG_5017
これも好きな歌。すごくきれいだから、すごく感傷的になる。

終わるとヒューが登場。See Me Nowとルークを褒め称えていました。そして、2人でSee The Sunをプレイ。ブライトンが沸いた。


幕が上がって、再びメンバーが勢ぞろい!

ここからもほとんど大好きな曲。第三幕の始まりでMatchboxって最高だった。これしかないだろってくらい、これだったな。ついでに言っておきたいから言うけど、クークスの曲をイントロが好きな順に並べたら、この曲はトップ3に入る。Is It MeとAround Townもツボ。大好き。クッソ好き。

ルークの声が好きすぎるし、ヒューのギターとシンセと服のセンスが好きだ。
IMG_5022
ルークのイケてるポーズや、これぞルーク!みたいな動き回り方が好きだ。
IMG_5043

ピートが好きだ。なんだこの人の色気は。
IMG_5055
私のポジションからは始終一切見えなかったが、アレクシスも良い味出してた。
IMG_5050


ラストはJunk of the Heart (Happy)。好きだ。素敵な気分になれました♪


もちろんアンコールもあって、Sea Side, Always Where I Need To Be, Naiveというファン垂涎の3曲がプレイされました!Always...のdo do doの部分をみんなで全力で歌いながら跳ねていると、すーっごく楽しい気持ちと、心の底から「ライブ終わって欲しくない!」って思う気持ちが湧いた。

Naiveは、イントロ好きな順で、圧倒的にナンバー1。てか、クークスで1番好き。あー、ホント好き。好きとありがとうが止まらない!
IMG_5089
ルークとピートの笑顔が素敵な写真を使おうか、全員で肩を組んでいる写真を使おうか。迷ったので、両方載せる。
IMG_5096

はい、かっこいいー
IMG_5109

・・・・・・・・・・・

ライブ中、ルークが2回ステージから降りてきて、2回とも超至近距離だった。
真ん前からステージに帰って行った。この背中が素敵だ。
IMG_5008
手出してたらガシッと握ってもらえた。ラッキーだしハッピーだった。
IMG_5067
プリンスすぎる。

・・・・・・・・・・・

ベスト盤のツアーだからか?グッズがかなり充実していた。Tシャツが10種類ほどと、ツアーポスター、リストバンド、ネックストラップ&缶バッジセットがありました。めちゃくちゃ売れてた気がする。

私はツアーオリジナルとベスト盤デザインのTシャツ
IMG_5121

そしてポスターや小物類を買いました。
IMG_5120


・・・・・・・・・・・


改めてクークスが大好きだなって思ったライブでした!表情豊かなバンドだよな。笑わせてくれたり、底抜けに明るかったり、センチメンタルだったり、すっごくセクシーだったり、ファニーだったり。いろんな感情を持った歌があって。クークスを観て/聴いていると、ほんとイキイキする。楽しいライブだった!!!!!!愛してるぞクークス!!ありがとーーーう!!!!!!



9 11

【ライブ】エモ好き集合、Cap'n Jazz @Electric Ballroom 08.11.2017

Cap'n Jazzというバンド。結成したのは1989年だそうですが、私は今年初めて聴きました。実は存在を知りもしませんでした。

知ったきっかけは、エモ愛が強い友人からの熱烈なススメです。彼はアメリカのドエモバンドAmerican Football信者。Cap'n Jazzのメンバーには、American Footballでおなじみのマイク・キンセラがドラムで。同じくアメフトから、マイクの従兄弟のネイトがギターとして。ボーカルにはマイクのお兄ちゃんティムが。エモい。

初めて聴いてみて、なんだか良いなーって思った。だけど、ライブのあった今日はもともと予定があったので、ライブに行こうかどうしようか迷ってた。すると友達から「ライブ行くのかな?」みたいな連絡があり、最後は「頼む行ってほしい」と。

というわけで、もともとあった用事はゆるい感じなので遅刻することにして、ライブを観てきたよ!!トゥーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

会場はElectric Ballroom!カムデン・タウン駅の改札を出たら徒歩30秒くらい。ちっか。
IMG_3013
ひっろ。
IMG_3015
IMG_3020
IMG_3019
外観からは想像がつかない広さなんですよ。バーが2つ、テーブルが置いてあるスペース、広めの通路、2階にもバーとテーブル席があります。施設としてポイントが高いのは、トイレがけっこうきれいなこと。あと、壁にはたくさんの写真やポスターが貼られていて、ギャラリーみたいに楽しめるところ。会場内はかなり暗いので、足元の段差に注意!私は過去に1回こけて、床に右膝を豪快にぶつけました。

物販のやる気のなさ(笑)
IMG_3016
ソファにふんぞり返って接客中♡
IMG_3018
Tシャツ可愛いね!買わなかったけど!

19:00開場でした。私は19:40くらいに到着して、ドリンクを買ってステージ前に行きました。そんな時間帯でも、この余裕。
IMG_3021
20:00に前座のバンドが登場し、30分間演奏。面白いバンドではあったけど。ベースが正面を向く回数<Thank youを言った回数<演奏した楽曲数<どぎついハウリングの数(笑)曲はテンポ良くてのれるものが多くて良かった!てか、誰だったんだろう!?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Cap'n Jazzの人気ぶりがスゴすぎる!!
MVI_3033_Moment
ティム「新曲聞きたい?1994年以降、曲作ってないけどな。死ぬほど暴れろーー」

1曲目は「Oh Messy Life」
IMG_3029

息ができないくらいの熱気と圧力!えんも!
MVI_3033_Moment(4)

開始早々ティムがダイブ!
MVI_3033_Moment(11)
なんて美しいダイブなんだ!これだよ、これ!!
MVI_3034_Moment(7)
足の裏も大歓迎。…クレイジーで暴れん坊のわりに、靴の裏が綺麗だったりもする。

ティムはねぇ、ライブ中めちゃくちゃやってて最高だった。私はこのライブのほとんどの時間はティムを目で追っていた。この人の第一印象は、「なんとキテレツな…!」です。奇天烈すぎんだろ、この人。たまらないです。歌も超かっこよかった!!

マイクのドラムもくっそかっこよかった。
IMG_3036
Spotifyで聴いていたよりも、演奏がずっと上手くて、それはそれで面白かった。ていうかマイクさん、Owenでギター弾くより、こっちでドラム叩いている方がミス少ないしキマッてましたよ(笑)

ネイトは笑顔が絶えなかった!
MVI_3034_Moment(10)
めっちゃ良いキャラだよな~。マイクのほうへ近寄って、二人が笑い合っている様子も見られた。エモい。
IMG_3037
もうひとりのギターもお茶目だった。突然、ボソッとつぶやくように「次にプレイするのは今年の新曲です」とジョークをかましていて、会場が一瞬ふわっとした優しい笑いに包まれました。エモ~♪

でも演奏が始まれば観客は暴れまくりで、ぐっちゃぐちゃ!流れに自然に乗っかったら、いつの間にか最前列に漂着していた。
IMG_3040
後ろも中間も最前列も、本気の奴らしかいない。エモい。

ティムの頭上に一直線に伸びているマイク見えますか?
IMG_3039
私は彼らが登場する前、このマイクは何のためにあるんだろう?って疑問だったんですよ。解決した。ティムが上を向いてホルンを吹くときのベルの高さに設置してあったんだね。へ~。

うん。ライブレポートというより、ティムの奇天烈レポートになっちゃうけど、彼のとった奇天烈な行動を箇条書きにしてみるね。
  • 3曲目くらいで客席にタンバリン、ホルン、さらにはホルンのハードケースを投げ入れる
  • 投げたタンバリンを「今からやる曲で必要だから一瞬返して」って言う
  • 演奏が終わったらまた客席へタンバリンを投げ入れる
  • また「いったん返して」って言う
  • また投げる
  • また返してもらう
  • 最後にはちゃんとプレゼントする
  • 約1時間のライブで7曲分くらいダイブする
  • ステージの床から約2.5m頭上に5つ並んだ照明をアクシデントで1つ壊す
  • 「5つ全部やっちまうぜ~」って宣言してマイクスタンドを使ってガチで狙いを定める
  • それを阻止するために照明をすべて消される、会場真っ暗
  • マイクスタンドを壊す
  • タンバリンを首輪のように身に着け、さらにマイクスタンドとコード付きのマイクをシャツとズボンに通して自らがんじがらめになる
  • マイクを失くす
  • マイクスタンドを失くす(有り得ないにも程がある)
ライブ中にティムが観客と会話しているときに、ある男性が「歯が欠けたー!」と。ティムは「何歳?」って聞いて、男性が「18歳」と答えた。「あー、ちょうどそういう年ごろなんだよ。マジで。18歳で歯が欠けるのは、どんな男も通る道。ウェルカム。」このティムの返しに観客は大爆笑だった。観客はもちろんライブを観にきているわけだけど、ティムの行動や発言も含めて楽しみに来ているんじゃないかと感じた。周りの人たち、す~っごい楽しんでたもん。私ももちろん楽しんだ。

ティムは観客との距離が非常に近い。ダイブをしまくったりなど物理的にも近いですが、心の距離も近いというか。エモっ。たぶんファンのみんなからしたら、神様みたいな人だろうに。

ライブは21:10開始、十数曲を演奏して、22:00でいったん引きました。私は次の用事へのタイムリミットが迫っているので、会場後方へ下がっておきました。すると1分もしないうちに、アンコールでバンドがステージに戻ってきました!ありがたや!

アンコール1曲目はa-haのカヴァー「Take On Me」!みんなどれだけこの曲を欲していたの?っていうくらいに爆発的な盛り上がり!!トゥーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーの絶叫が頭から離れない(笑)

私はこの曲が終わったところで、会場を出ました。もう何曲かやったのかしら。全部観られなかった悔しさはちょっとあったけど、それよりも、ライブで感じたワクワクが強くて、駅まで弾んで向かっちゃったよね。ニヤニヤしながら。

あーーーーーホンッットに楽しかった!!また観たい!!!!!!全力でライブに行くよう勧めてくれた友人には、感謝の気持ちでいっぱいだ。ありがとう!!!
MVI_3033_Moment(2)

ではまたー!
7 11

ただいまーーー!!!!!!

こんにちは!ブログを約1か月も放置していた。なんだか「ただいま…」ってかんじ。タイトルはテンション高めで設定してみた。

書きかけの記事もネタもありすぎて、でも書けなくて、どんどん腐っていきそう。もはや腐ってんのかな。まあいいや、のんびり書いていこう。

IMG_0926

ブログを前回更新したのは、突然家を追い出された件。あれ以来、生活が全然落ち着かなくてねぇ。無事に引っ越しができたんだけど、引っ越した先でも色々ありまして。この1か月間は、部屋に負のオーラが満ちていたと思う(笑)でももう大丈夫です。浄化された気がする。

10月も、それなりに楽しいこといっぱいしたなー!素敵なものを見たし、美味しいものをいっぱい食べた。出会いや発見もたくさんあった。ざっくり言うと、食欲の秋、文化の秋、ってかんじで過ごした。フードフェス、フィルムフェス、ドリンクフェス、色々行った。夏が去ってからのロンドンも、楽しいこと盛りだくさんですよ。

もう11月。すっかり、けっこう寒いです。冬か~…と肌身に感じて、妙にわくわくしている。ハロウィンが終わったし、街はクリスマスへまっしぐら。クリスマスのライトアップやマーケットが始まるね。すごく特別な雰囲気だし、きれいなんだよな。楽しみ。

クリスマスから年始までの冬休みは、北の方へ旅をしようと思ってる。まるまる2週間、スコットランドでフラットを借りて過ごすのもアリだな。はやく計画を立てよう。

YMSビザで過ごす、最後の冬。ああ…泣ける(笑)

楽しく過ごすためには、体調管理とお金の管理が大切ですね。毎日欠かさず家計簿をつけて、毎日欠かさず体重計に乗って、週に3~4回ジムで泳いでサウナに入って。今週から来月16日までは週1でライブ。良いペースだ。

またちょくちょく、ブログを更新していきます。どうぞよろしくお願いします。

ギャラリー
  • ノッティンガム&ヨーク 2泊3日 冬の旅 vol.1
  • ノッティンガム&ヨーク 2泊3日 冬の旅 vol.1
  • ノッティンガム&ヨーク 2泊3日 冬の旅 vol.1
  • ノッティンガム&ヨーク 2泊3日 冬の旅 vol.1
  • ノッティンガム&ヨーク 2泊3日 冬の旅 vol.1
  • ノッティンガム&ヨーク 2泊3日 冬の旅 vol.1
  • ノッティンガム&ヨーク 2泊3日 冬の旅 vol.1
  • ノッティンガム&ヨーク 2泊3日 冬の旅 vol.1
  • ノッティンガム&ヨーク 2泊3日 冬の旅 vol.1