ロンドンから電車に乗って南西へ約1時間、かつてのイングランドの首都ウィンチェスターへ行って参りました!ウィンチェスター大聖堂で毎年開催されているクリスマスマーケットで、お買い物と美味しいフード&ドリンクを楽しんできました!

なぜかマイナーな通用口へたどり着いた。
image
このマイナーな超かっこいい通用口を通って

マーケットに到着!
image
image
image
image
壮大で厳かな大聖堂の足元で、個性豊かなお店が可愛らしく軒を連ね、人々がクリスマスに心を躍らせ賑わっている光景に、感動すら覚えた。
マーケットの中央にあるスケートリンクでは子供がペンギンを連れて爆走
image
めっちゃ楽しいなクリスマスマーケット!

ウィンチェスターは、ロンドンよりもかなり寒く感じました。

温まっちゃいましょう♪
image
モルドワイン最高やね♪ あ~おいしい~、あったまる~ぅ

美味しい食べ物も欲しくなりました。

すんごい行列ができていたお店へ、私も並んでみました!
image
フランスのコンテチーズを看板にしたお店。手前のドでかいお鍋では、じゃがいもとソーセージをコンテチーズと共に炒めています。カップ一杯£5で、プラス£1でエキストラチーズをトッピングできました!ずーちーずーちー♪
見よ‥
image
表面をとろとろに溶かして、これをたっぷり流し込んでくれましたよ~!
image
チーズの海。ズーチーのみーうー。そこにポセイドンの槍のごとく突き刺さったフォーク。
シンプルだけれど、とても美味しいお料理でした。濃厚で塩見の強い熱々のチーズと、ほんのり甘くスパイスの効いたモルドワインの組合せは最強。

もう一杯
image
今度は別のお店のドリンクにしました。
ホット・バタード・クランベリー・パンチ
image
クランベリージュース、パイナップルジュース、ウォッカにスパイスを加えたホットドリンク。仕上げにバターをトッピングしています。ファンタジーの物語に出てきそうな飲み物だよね。これもなかなか美味しかったな~♪ 

ドリンク片手にマーケットをぐる~っと回り、ついに大聖堂の正面へ‥

こんにちは~!
image
image
めちゃくちゃでかい!ヨーロッパに存在する数々の大聖堂のなかでも、最も長い全長を持つのが、このウィンチェスター大聖堂なんだとか。イギリスの作家ジェーン・オースティンが埋葬されていることでも有名ですね。
いや~ホントに大きかったな。。すごい。

この日は大聖堂内で、聖歌隊によるサービスがありました。こういうのって映画でしか見たことなかったけど、すっごくいいですね。美しかった。心が震えた。ウィンチェスター大聖堂へお越しの際は、是非とも聖歌隊の歌を聴いていただきたい。

正面の広場にもお店が並んでいました。
image
image
image


マーケットを一周したところで、いったんホテルにチェックイン。そして日が沈む頃、再びマーケットへ出掛けました。

ライトアップしたマーケット
image
image
image
image
image
image
心があったまるね。。

夜はたくさんお買い物をしました!

バスボム
image
お風呂が大好きな大家さん(50代男性)への、おふざけのプレゼント♪

ランプシェード
image
電球買わなきゃ‥。内側から光るととってもキレイです。折り畳めるので、保管も持ち歩きも楽♪

HEYLAND&WHITTLEのリードディフューザー
image
2個のまとめ買いで£5もお得になりました。ローズは自分用。オリエントは実家へのお土産。

お酒♪ 
image
試飲して即決。日本に持って帰って、家族や友達に振舞いたい。なんかタバスコみたいだね。

充実のお買い物。

翌日もマーケットへ行きました!
image
左がトーストのお店、右がドリンクを扱っているお店。
image
チキン、クランベリー、たっぷりのチーズをサンドしてこんがり焼き上げたトーストとモルドワイン♡ 大満足!
トーストのお店はThe Groumet Grilled Cheese Companyと言います。南イングランドを中心に、マーケットやイベントで出店しているそうです。音楽フェスにも参加しているよう。また会いそうですね^^

ウィンチェスターのクリスマスマーケット、とっても楽しかったです♪ イギリス各地で開催されているマーケットの中では、ウィンチェスターのマーケットは特別華やかでもなく、エンターテインメントに溢れているわけでもありませんが、ここにしかない魅力を感じることができました。来てよかったな^^ ロケーションのよさ、品揃えのよさ、聖歌隊の美しさ、そしてちょっと素朴なところが好きです。

こんなところで、クリスマスマーケットでお買い物♪編はおしまい~!ではまたっ!